FXとの違いについて

FXとの違いについて

FXとの違いについて

皆さんはバイナリーオプション取引とFX取引の違いをご存知でしょうか?
バイナリーオプション取引とFX取引は、同じFXが投資対象ですが、実は全く違うと言っても過言ではないでしょう。
まず、FX取引の場合は、取引を開始するためにある程度の証拠金が必要です。
それに対して、バイナリーオプション取引は、取引業者によって異なるものの、中には一回の取引を100円から行えるところもあります。
その他、FX取引はレバレッジがかけられるのが魅力と言われていますが、バイナリーオプション取引ならそれ以上の利益を出すこともできるのです。
しかも、FX取引は損失額が正確に予測できないのに対し、損失が限定されているという点がバイナリーオプション取引のメリットと言えます。
購入した金額しか損失が出ないというのは、投資初心者にとっては安心材料ではないでしょうか。
また、FX取引ならある程度は自由に決済が行えるのに対し、バイナリーオプション取引は決まった時間に自動的に決済されるという点も大きな違いと言えるでしょう。
これは、単純明快に損益が確定するものであり、FX取引のように含み損や含み益がないということです。
しかし、バイオナリーオプション取引は、たとえ相場にあまり変動がないとしても、大きな利益が上げられる可能性があり、ここがFX取引と違うところでしょう。
現在のところ、バイナリーオプション取引はFXが多くの方に認知されていると思われます。
しかし、実はバイナリーオプション取引には、株価指数バイナリーや金、銀、原油の先物といった商品バイナリーもあるのです。
また、取り扱われている通貨ペアの数が、FX取引に比べてとても少ないという点も、バイナリーオプション取引の特徴に挙げられるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ