外貨オプションとは?

外貨オプションとは?

外貨オプションとは?

外貨オプションとは何を意味しているのでしょうか。
日本語で外貨オプションとは、「選択権付き通貨先物予約取引」と訳されており、通貨オプションと言われることもあります。
「予め決められた期日、もしくは、期間に、一定のレートや価格で、通貨を購入・売却する権利」を売買する取引のことを意味しており、この中にはバイナリーオプションも含まれます。
オプション取引とか、選択権取引と呼ばれることももあるでしょう。
外貨オプション以外にも、株式オプションや金利オプションなどを聞いたことがあるかもしれません。
以前は、オプションと言えば、大阪証券取引所で取引される日経225オプション取引を指していました。
しかし近年では、オプションといえば、バイナリーオプションを思い浮かべる方が多くなってきたかもしれません。
とりわけ、外貨オプションという場合、バイナリーオプションを指すことが多いようです。
バイナリーオプションは、2009年にIGマーケッツ証券が日本で始めて取扱いを開始した投資方法です。
この手法は、投資初心者でも分かりやすく、リスクが限定的なので、爆発的な人気になり、各地に広がりました。
バイナリーオプションは、メリットの多い初心者向けの投資方法として、FX投資のブームを超えたと言えるでしょう。
FX投資は損切りができないと、あっという間に損失がふくらんでしまいます。
レバレッジを掛けられるものの、その分最終的な損失がいくらになるのか分からないというマイナス面もあります。
その反面、バイナリーオプションの魅力は、取引を開始する時点で、最大利益と最大損失が算出できることにあります。
投資した金額以上には損失が出ないので、リスク管理がしやく、安心して投資が行えるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ