業者によって異なるペイアウト倍率とは?

業者によって異なるペイアウト倍率とは?

業者によって異なるペイアウト倍率とは?

各業者によって、バイナリーオプションのペイアウト倍率は違ってきます。
そもそも、このペイアウト倍率とは何を意味しているのでしょうか。
ペイアウト倍率は、払い出しの際の倍率を意味しており、払い戻し金とも言われます。
ですから、予想が的中した際には、投資した金額×ペイアウト倍率が手元に返ってくる金額になります。
単純な例で言えば、500円投資して、ペイアウト倍率が2倍なら、1000円になるという訳です。
バイナリーオプションでもペイアウト倍率が高ければ高いほど、的中させることが難しくなると言われています。
逆に言えば、ペイアウト倍率が低い取引の場合は、予想的中時の払い出し金は少ないものの、リスクも少ないといメリットがある訳です。
ペイアウト倍率は業者や取引によって様々で異なりますが、大まかには2種類に分けることができます。
それは、定額型と変動型に分けることができます。
定額型は二者択一のハイアンドロー型のもので、多くの業者がペイアウト倍率を2倍くらいに設定しているようです。
変動型はどのくらい上がるか、どのくらい下がるかを予想する取引です。
そのため、ペイアウト倍率もその取引によって大きく左右されることになります。
業者の中には、ペイアウト倍率20倍という取引を扱っているところもあります。
これは、ハイリスクハイリターンを目指している投資家には良いかもしれません。
しかし、ハイリスクハイリターンとはいっても、バイナリーオプションは、投資した金額以上の損失は出ないことが特徴です。
ですから、FX投資などに比べるとリスクも限られたものであるため、少し安心できるかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ