取引時間や曜日について

取引時間や曜日について

取引時間や曜日について

バイナリーオプションの特徴の一つに、24時間以内に精算が行われるという点があります。
バイナリーオプションといえば、FXを思い浮かべる方が多いようですね。
しかし、日経株価225指数やNYダウ30、ドイツDAX30などでも行われています。
ですから、取引時間はそれぞれの銘柄によって異なってくる訳です。
中には、24時間取引可能なバイナリーオプションの取扱い業者もあるくらいです。
取引時間や曜日は、選んだ銘柄によって変わってきます。
例えば、日経株価225指数であれば、取引時間は9時3分〜14時59分の約6時間です。
株式市場がお休みの土曜日と日曜日は、バイナリーオプションの取引もできません。
同じ日本の株価指数でも、TOPIX株価指数の場合には、取引時間が9時5分〜10時59分までと12時31分〜14時59分までです。
仕事などで日中は投資できないという方は、投資銘柄が豊富にある海外に目を向けると良いでしょう。
イギリスFTSE100の取引時間は、日本時間の2時〜1時29分と約23時間半です。
なぜかというと、時差が関係しているからです。
時差の存在によって、日本時間の深夜や早朝にかけて取引ができる銘柄も多いという訳です。
また、FXでバイナリーオプション取引を行う場合にも、それぞれ取扱い業者が取引時間や曜日を独自に設定しています。
例えば、FXトレード・フィナンシャルでは、月曜日の7時〜土曜日の6時45分となっていますし、IGマーケッツ証券では、毎日8時〜20時です。
業者によって、判定時間などのルールも異なります。

まずは口座を開く前によく検討することをお勧めします。


ホーム RSS購読 サイトマップ