バイナリーオプションの境界(レンジ)とは?

バイナリーオプションの境界(レンジ)とは?

バイナリーオプションの境界(レンジ)とは?

バイナリーオプションの取引方法といえば、やはりハイロー型が有名だと思います。
反面、境界(レンジ)はあまり知られていない投資方法かもしれません
それもそのはずですが、バイナリーオプションの境界(レンジ)を扱っている業者は日本ではFXプライムくらいしかないのです。
そして、選べるHIGH・LOWワンタッチのコースの一つとして取り扱っているだけのシステムになっています。
しかし、海外のバイナリーオプション業者であれば、24option.com(24オプション)やoptionFair(オプションフェア)などが取り扱いをしています。
境界(レンジ)はバウンダリーとも呼ばれていて、判定時間の時点でレート価格がある範囲内に収まるか(イン)それとも外れるか(アウト)を予想する取引スタイルを採用しています。
途中の段階で予想が万が一外れていたとしても、判定時間に予想が合っていれば利益を得ることが出来るのです。
インを選択した場合には、判定時間までに設定された目標レートの範囲からどれだけ外れたとしても判定時間に収まっていればそれでいいのです。
相場の動きがあまりなくレートが上下しないと予想する場合であれば、境界(レンジ)での取引が有効といえるかもしれません。
バイナリーオプション取引の方法において、一番難易度が高いとされているのがこの境界(レンジ)であるはずです。
人によっては、境界(レンジ)の予想的中率が最も高いという方もいるとお聞きします。
とはいえ、バイナリーオプションの初心者であれば、取扱い業者も少ないですからハイロー型やワンタッチ型で取引を始めた方が賢明かと思います。

 

引っ越し
引っ越しに役立つサイトをまとめて評価してみたよ☆


ホーム RSS購読 サイトマップ